NEWS
ニュース

【メディア掲載】朝日新聞 朝刊経済面に掲載されました

朝日新聞(2018/7/5朝刊 経済面)に掲載されました。

ミスコンシャスでの独自の評価制度「おしゃコンカップ」や、ランチ会などについて紹介されております。

記事内容はこちら

(掲載元:朝日新聞

人材確保 我が社の秘策
ドレス畳み競争→時給アップ ・「釣り部採用」
人手不足 悩む愛知の企業

愛知県の企業があの手この手で働き手の確保に取り組んでいる。人手不足が著しいためだ。

レンタルドレスのミスコンシャス(愛知県蒲郡市)は、2016年に独自の給与制度「おしゃコンカップ」を導入した。ドレスを畳む速さと仕上がり具合を競う「ドレス畳み部門」やパソコン技術を競う「PC基礎スキル部門」など3種目に従業員が参加。1位は30円、2位は20円、3位は10円が時給に加算される。役員を除く従業員20人のうち16人がパート・アルバイトで、子育て中の母親も多い。小山絵実社長は「時給アップは従業員の頑張りを目に見える形で認める制度。喜ばれている」。会社が費用を負担するランチ会と飲み会も合計で年4回開催する。1月からの半年でパート・アルバイトに77人の応募があり、4人を採用した。

4月に名古屋市と愛知県大府市に開園した「なごごろ保育園」は、保育士と保護者のやり取りをスマートフォンで行う。手書きの連絡帳は負担になると配慮してのことだ。週5日(1日8時間)か、週4日(1日10時間)の勤務を選べ、副業も許可する。保育士を約30人募集したところ、80人の応募があった。

タクシー会社の中央交通(名古屋市)は昨年から「釣り部採用」を始めた。他社と差別化して運転手を集めるためだ。入社すると10万円相当の釣り道具がもらえる。

愛知県の5月の有効求人倍率(季節調整値)は前月より0.03ポイント高い1.98倍だった。07年7月(2.02倍)以来の高水準だ。都道府県別で4位。高崎真一・愛知労働局長は「人手不足感は深刻を通り越して悲鳴が上がるほど」と話す。(細身るい)

 

朝日新聞の記事